アパートリフォーム.com

戸建賃貸

戸建賃貸とは

戸建賃貸

戸建賃貸とは、すでに所有している土地に賃貸用の戸建住宅を建設し、賃貸収入を得ていくものです。

戸建賃貸は集合型賃貸と違って上下階、左右の隣家の音を気にせずに生活ができるので子育て中のご家族にもぴったりです。

また、プライバシーも守れます。ピアノなどの楽器もOKなのが魅力です。

また、ガーデニングや家庭菜園を楽しむことが出来るので、オーナーの了解があればペットも飼えるなどのメリットがあります。

またオーナー様から見ても、狭小地でも建設が可能なこと、分割が困難な共同住宅よりも相続や売却がやりやすく、臨機応変な活用ができることから、戸建賃貸住宅が注目されています。

戸建賃貸のメリット

利回りの良さ

戸建賃貸の最大の魅力は利回りの良さです。

アパートやマンションに比べて家賃を高く設定できるので、利回りがよく、早期に投資資本を回収する事が可能です。

需要に対して供給が少なく、入居率が高い

国土交通省の調査によると、8割近い人が戸建に住みたいと考えています。ところが、賃貸物件の中で戸建はごくわずか。
需要に対する供給が圧倒的に少ないため入居率が高く、長期間住み続けるケースが多いので、賃貸収入も安定しています。

狭小地や変形地でもOK

アパートやマンションなどを建てる場合、30坪くらいの狭小地では建設自体が難しいですが、戸建賃貸なら、最低35平米(5m×7m程度)敷地から建築が可能です。

また変形している土地にアパートやマンションを計画すると、無駄なスペースが多くなってしまいます。

その点、戸建賃貸なら、効率よく配置が可能になります。
今まで駐車場としてしか活用出来なかった土地を、十分稼げる資産に変身させることができるのです。

資産流動性が高く、状況の変化に柔軟に対応できる

丸ごと売却しかできないアパートやマンションと異なり、戸建には1棟単位で分割できるというメリットがあります。

将来的に相続や売却が必要になった場合も、兄弟で1棟ずつ相続したり、1棟だけ売却して現金化するなど、状況に応じたフレキシプルな資産活用が可能です。

入居者の質が高く管理がしやすい

戸建賃貸は相場より高い家賃が狙えるため、入居者は、比較的年収が高く、属性の良い世帯が入居するのが特徴です。

また、戸建賃貸は管理の手間がほとんどかかりません。
入居者が自ら庭を掃除したり、ガーデニングなどを楽しみながら住んでくれる事も多いです。

平均入居期間が長い

ワンルームアパートの平均入居期間は2年以下がほとんどですが、戸建賃貸は、入居期間が長いという特徴があります。

頻繁に退去があれば、空室損は増えますし、リフォーム代や募集経費もかかります。

一般的に賃貸暮らしでは子供の成長にあわせて、引っ越すことが多いですが、戸建賃貸は、間取が充実しているので、子供部屋のためにわざわざ引っ越す必要がありません。

一戸建ての施工実績